車傷あり査定 | キズ・ヘコミ・塗装の剥がれ

傷ありの車でも高額査定をあきらめないで

車も古くなると車体に傷がついてきます。こんなキズありの車でも査定はできます。そもそも中古車というのは車の状態はもちろんのこと、それ以上に車種、年式、グレード、色やその時の売れ筋などに左右されやすい市場です。傷、ヘコミや塗装の剥がれというのは直せば走行できますので、査定額が多少マイナスになることはあってもそれだけで査定できないことはありません。もちろん、傷がある車の査定額はどの車査定外車でもマイナスになる可能性が高い要素ですが、現在の中古車市場で人気が高く売れやすい車であれば傷があっても査定額が高額になる可能性もあります。しかし、そういった市場のニーズや流れというのは一般の私たちにはつかめないものです。いつ自分の車を売るのが良いのかもわかりづらいです。

そこで、傷ありの車を売る場合には複数の車買取企業の査定を受けてみましょう。中古車買取店は常に市場を抑えており、その市場ニーズを元に車を査定します。傷ありの車でも自社整備により修復して中古車市場やオークションに流通させることができます。

ただし、車の買取店でも得意車種や傷ありの車を高く査定してくれる・くれないにわかれます。会社自体の得意分野・不得意分野もありますし、時期によって既に購入者(中古車を予約している人)を抑えていたりします。その関係上、査定を受ける会社は1つではなく複数社から受けたほうが高額査定がつきやすくなります。最高額をつけてくれる会社を見つけやすいのもありますが、複数社の査定を受けることでそれぞれの会社と査定額交渉しやすくなります。

査定を受ける場合傷を直してから査定依頼した方が良いのかという悩みもありますが、結論から申し上げると「傷はそのままにして査定に出すべき」です。車の傷というのは、どんなに綺麗にお金をかけて修復しても査定する人にはある程度バレます。そして傷の修復がある場合、査定金額は下がります。フレームや部品交換ではないので「修復歴」とはなりませんが、修理にかかるお金と査定金額のマイナスで二重にマイナスになります。もちろん傷を直す方が、そのままよりも査定額はあがりますが(買取店で売却前に補修する必要がないため)修理金額より査定がアップすることはまずあり得ません。ですので、手間もお金も損をすることになりますので傷あり車でも、査定時はそのまま査定を受けるほうがトータルではプラスになります。傷をタッチアップペン(タッチペン)で塗るなど無料に近い形で自分で直すことも可能ですが、まず査定額があがることはありませんし下手な塗り方をしてしまえば下がることもあり得ます。傷ありの車でも、売却する場合はそのまま査定をうけるのが1番賢い方法です。

傷を隠すよりも、査定をより多くの会社から受けるほうが金額を簡単に上げることができる可能性が高いです。オンラインで情報入力すれば複数社へ瞬時に査定依頼できるサービス(無料一括査定サービス)を利用して、傷ありの車を高く売りましょう。

このページの先頭へ